ブログパーツ

現在の時間

住まいに便利な賃貸 住まいに便利な賃貸 住まいに便利な賃貸

ランキング1位の物件では家賃が低めなワンルームがおすすめ

image

あなたは今どこかで新生活を始めようとしています。どこでどのような部屋に住みたいと考えますか?家選びのために掲げる条件には、家賃が入っているでしょう。2015年夏の時点で平均家賃の都道府県ランキングが発表されました。1位は東京都の約70,000円で、2位の神奈川県に約15,000円も差をつけて日本国内では断トツに高額である結果が出ました。今後はオリンピックもあって東京の不動産が世界中から注目されている為、さらに高騰することも考えられます。

逆に最下位は群馬県の約37,000円で、東京都内の家賃の約半分という結果でした。

この差はどこから来ているのかというと、まず考えられる理由としては都会の便利さが挙げられます。デパートなどの商業施設が立ち並ぶだけでなく、たくさんのマンションとコンビニの明かり、歓楽街のネオンは朝まで照り続けます。その便利さに惹かれてたくさんの人々がまだまだ集まってきています。人が集まれば仕事が増え、仕事があればお金が流れて、お金があればそれを必要として人がさらに集まっていきます。

しかし、その分居住のスペースが減り家賃は上がります。そのように狭い日本国内でもこのような格差が生まれたと考えられます。

ここでワンルームマンションの有用性が証明されます。広い面積を必要とせず、賃貸料の高い東京でも現実的な価格である為、日本で一番多く賃貸件数を抱えています。

また、賃料の安い地方であれば一般の相場よりさらに安く入居出来る為、学生を中心とした若者層に人気があります。また高齢化の影響でバリアフリー設備が装備された物件もあり、生活に広いスぺースを必要としない場合に限定されますがお年寄りにもおすすめできるのではないでしょうか。時代の流行でシェアハウスやゲストハウスも人気があり、ワンルームといっても一人暮らしではなく一つの建物の中で他人と共同を送る新しい使い方も生まれました。

今後とも様々な面でワンルームタイプのマンションは社会に役立っていくことでしょう。